|
Cloudbric WMS for AWS WAF

AWS WAFに特化した運用管理サービス

高性能エンジンとエキスパートによるサポート付きで運用の難しさを解消

運用工数を抑えつつ、高いセキュリティを実現するマネージドサービス

Cloudbric WMS for AWS WAF(クラウドブリック・ダブリューエムエス)は、AWS WAFに特化した運用管理サービスです。日本・韓国・米国で特許を取得した攻撃検知エンジンを備え、適切なルール作成と反映、新規脆弱性や誤検知の対応など、AWS WAFの導入から運用までをセキュリティエキスパートがサポートします。24時間365日のモニタリングとサポート体制も完備しており、専門知識やリソースがないお客さまのWAF運用を支援します。また、Cloudbricは「AWS WAF レディプログラム」のローンチパートナーに認定されています。

Cloudbric WMS

Cloudbric WMSが選ばれる理由

特許取得の高度な攻撃検知能力

日本を含む3カ国で特許を取得した論理演算検知エンジンを備えるとともに、リアルタイムでのログ分析や、自動で脅威IPの遮断や新規脆弱性の発見および対応を行います。

エキスパートによるコンサルティングとサポート

カスタムルールの作成や誤検知対応などは、ぜひエキスパートにご相談ください。24時間365日のモニタリングとサポート体制を整えており、安心してご利用いただけます。

運用負荷軽減とコスト削減

ルール作成や新規脆弱性対応はCloudbric WMSが行うため、お客さまの負担を軽減するとともに、運用コストやインシデントによる費用を抑えます。

専用コンソールで利便性向上

専用コンソールでは、IP遮断、国別アクセス制御などの設定を変更可能。運用状況が確認できるダッシュボードやセキュリティレポートも提供しており、脅威の見える化をサポート。

検知率は、他社の20%以上

Cloudbric WMSは、WAFのセキュリティ性能テストの検知率が91.53%、他社マネージドルールと比較して、約20%以上の高い検知率を実現しています。

* Cloudbric WMSは、Cloudbric Managed Rulesを使って運用管理を行っており、本テストはCloudbric  Managed Rulesの検知率を比較したものです。製品検証機関のTolly Groupにより、OWASP Top 10のWeb脆弱性をターゲットとした413種類の攻撃トラフィックに対してテストが行われました。

AWS パートナー

ペンタセキュリティは、健全なアーキテクチャ、AWSのベストプラクティスへの準拠、そして市場におけるお客さまの成功事例を含む技術的な検証を通過した企業のみが登録される「AWS WAF レディプログラム」のローンチパートナーに認定されています。また、AWS 公共部門パートナーの認定も受けています。

Cloudbric WMS

サービス内容

ユーザーの環境に適合なセキュリティポリシーのコンサルティングからセキュリティポリシーの最適化に必要なさまざまなサービスを提供します。

コンサルティング

ユーザーログベースのカスタムコンサルティング

OWASP Top 10対応のセキュリティポリシー
およびMalicious IP Reputation提供

セキュリティ運用
インテリジェンス基盤のシステム
自動で脅威IPを遮断
新規脆弱性対応

最新の脅威情報分析システムで新規脆弱性の早期発見および対応

ユーザー専用コンソ ール
運用状況や脅威情報の可視化
簡単に設定変更可能で利便性向上
*約3カ月のログ管理付き
セキュリティレポート
リアルタイム自動ログ分析
脅威インサイトレポート
サポート
24時間365日サポート体制
脅威インサイトレポート

Cloudbric WMS

サービス料金

Cloudbric WMSは、基準Webリクエスト数によって最適な料金プランをご提案します。Webリクエスト数が500万件の場合、月額47,500円からご利用いただけます。料金には、セキュリティポリシー利用料金、サービス利用料金が含まれます。まずは30日の無償トライアルでCloudbric WMSの検知率や操作性をお確かめください。

無償トライアル
0円~
バリューパッケージ
(基準Webリクエスト数500万件)
47,500円~

サービス構成図

Cloudbric WMS for AWS WAF

資料請求・お問い合わせはこちら

Shopping Basket