【コラム】ハッカー の6つの行動パターン

Home / セキュリティコラム / 【コラム】ハッカー の6つの行動パターン

ハッカー は何の為にWebサイトをハッキングするのでしょう。

ハッカー
 インターネットが普及されていなかった頃のハッカーは、自分の能力を見せつける為にWebサイトをハッキングしました。

しかし、日常がWebで繋がっているとも言える昨今の社会のハッキングは、もっと巧妙に変化してその被害も大きくなりました。

例えば、数回のクリックで金融取引が出来るネットバンキングは、個人情報及び銀行取引情報のような重要情報が「ハッカー」によって流出され、莫大な被害が発生することもあります。

 

 ハッカーが欲しがる情報とその情報を手に入れる為の行動にはいくつかのパターンがあります。今回はハッカーの6つの行動パターンをご紹介致します。

 

任意コード実行
1.脆弱性スキャン

 脆弱性スキャンはその名称から分かるように、システム内部の脆弱性を探る為の手法です。

一般的には自社システムの弱点を調査して改善を行い、セキュリティを強化する行為であります。

しかし、ハッカーは同じ方法を用いて標的にしたシステムに侵入するための脆弱性を見つけ出します。

 ハッカーにとって脆弱性スキャンはハッキングを実行する為の情報収集であり、システム脆弱性を事前調査する行為であります。つまり、次の攻撃へのゲートウェイのようなものです。

脆弱性スキャン
2.サーバ運用妨害

 サーバ運用妨害は、Webサイトへのアクセスをブロックしてサービスを正常に運営出来ないよう妨害する事です。

サーバ運用妨害攻撃の中で最も知られているのは分散型サービス拒否攻撃(Distributed Denial of Service attack : DDoS)があります。

 DDoS攻撃をする為には、ハッカーが「ボットネット(Botnet)」と呼ばれるゾンビPCのネットワークを介しPC端末を制御下に置きます。

そうすると、そのボットネットがまるでゾンビ集団のように継続的にWebサイトに負荷をかけてサーバをダウンさせ、Webサイトに接続エラーを起こします。

 

サーバ運用妨害
3.金銭的損害

 ハッカーによる攻撃の中で被害者が最も大きい打撃を受ける攻撃結果は金銭的損害です。

先に述べたように、インターネットの普及によってオンライン化された各種サービスは、便宜性を持つ同時に金銭的被害のリスクも持つ事になり、ハッカーのターゲットになります。

金銭的被害
4.個人情報漏洩

 金銭的被害と共に、個人情報漏洩はネット社会の課題であり社会全般的な問題になっています。

個人情報を手に入れたハッカーは他の者を装って管理者情報を取得した後、また他の攻撃をしたり奪取した情報を第三者に販売したりして2次被害者を増やしています。

このような個人情報漏洩で大きい波紋を引き起こした事件としては、不倫サイトであるアシュレイ・マディソンというサイトの会員情報をWeb上に露出させた事があります。

個人情報漏洩
5.Webサイト改ざん

 Webサイト全体または一部Webページに悪意を持って内容を変える行為をWebサイト改ざんといいます。
攻撃後にWebサイトを確認したら改ざんされた部分が把握できるので、ニュースになる同時に「人々の注目を浴びる攻撃として」とても効果が良いと言われています。
 また、政治的な理念によって、選挙などで有力候補者のWebサイトを改ざんする事例が多数発生しています。

このようなハッカーは自己顕示欲が強い傾向があります。最近米国ではこうしたハッキングに対して処罰するより「倫理的なハッカー」になるように’教育’を勧めています。

 

Webサイト改ざん

6.任意コード実行

 システム上に意図していなかったコードが実行される場合、かなりの注意が必要です。
ハッカーは悪意的なコードを挿入して命令を実行させる事で標的システムを制御します。
この為には任意のコードを実行させる為に先に述べた「脆弱性スキャン」のような事前調査を実施してそのシステムでセキュリティが最も脆弱な部分を狙って攻撃します。

次の攻撃の為の一歩だといえます。
任意コード実行
 時代の流れや技術の進歩などと共に、世の中の必要悪として「ハッカー」と「ハッキング」という単語が出てきました。

サイバー攻撃は莫大な被害を起こす事が出来て、無差別な攻撃も多いです。

“自分の事じゃなければ大丈夫”という考えで放置すると何も解決出来ません。

自社システムの脆弱性を定期的に把握してその弱点を補完出来るセキュリティソリューションを導入しなければいけません。

 

オランダの哲学者のエラスムスの「Prevention is better than cure(備えあれば憂いなし)」という言葉に従って、
ハッキングに備えた強力なセキュリティを事前に準備してください。

CloudbircのWAFはこちら
製品に関するお問合せはこちら

Related Posts