【コラム】PCI DSSの核心、Webセキュリティとデータ暗号化

Home / セキュリティコラム / 【コラム】PCI DSSの核心、Webセキュリティとデータ暗号化

情報セキュリティ製品の広告によく登場する特定の’標準’が幾つかありますが、
その中でも「 PCI DSS 」は特によく登場します。
「弊社の製品はPCI DSSの要求事項を充足していて、PCI DSS基準の適合認証を保有しています。」
という広告用メッセージも見かけになっていると思いますが、
弊社も同じくCloudbirc WAFに関して強調している内容の一つです。
‘重要な事っていうのは分かったけど、どういう事だろう?’と思っている方々もいらっしゃると思いまして、
今回はPCI DSSに対して簡単にご紹介致します。

PCI DSS

 

 

 PCI DSS とは

pci dss
PCI DSSはクレジットカード業界で共通的に使用されるセキュリティ標準です。
クレジットカード会社で会員のカード情報及び取引情報を安全に管理する為にカードの決済過程の全てにおいて遵守しなければいけない基準であります。
PCI DSSが標準として制定される前にはクレジットカード会社別に各自異なるセキュリティ基準を要求していたので、一般の業者は色んな基準に充足する為に多くの費用と努力をかけなければならなかったです。
こうした不便を解消する為にJCB・American Express・Discover・MasterCard・Visa等の国際的なクレジットカード会社が共同委員会を組織して「PCI DSS」という標準を制定しました。

 

PCI DSS規格の妥当性

 

pci dss NIST・ISO等の国際的な標準制定機関ではない民間企業が決めた規格を「標準」にしていいのか疑問を持たれた方もいるでしょう。
しかし、PCI DSSの場合、内容がとても詳細で細緻な規格で構成されていて標準として充分だといえます。
全般的なセキュリティ状態の診断及び審査過程、アプリケーションやシステム、ネットワーク等の領域別に実施する浸透テストの回数や時期などのセキュリティ政策だけではなく、不正ログインを何回試すとロックがかかるのか、顧客のPCに個人アプリケーションファイアウォールが設置されているかの確認などの些細な基準まで完備している規格であるからです。
このように具体的で厳しい基準を提示しているので、クレジットカード取引と関係の無い企業や組織でもPCI DSSを情報セキュリティ基準として採択している場合が多いです。

 

 creditcard

 

核心はWebセキュリティとデータ暗号化

クレジットカードのセキュリティといえば、カード端末機やネットワークのようなハードウェアが大事だと考えがちですが、データが移動してアプリケーションに到達したらその内容は全てアプリケーション(大半がWebアプリケーション)で管理されます。
従って、Webアプリケーション開発のプロセスの基準となる「PCI PA-DSS」の内容の大部分はWebセキュリティ関連内容であり、内容の核心はデータの暗号化です。
敏感な情報を扱う全般的なセキュリティ政策ともなる「PCI DSS」も、内容を見てみると多くがWebセキュリティとデータ暗号化に関連しています。どうしてでしょう。
IoT・フィンテック(FinTech)等の技術が登場してWebはもっと日常生活の一部になっています。
データはWebが主要環境であるアプリケーションを通じて移動し、これからはアプリケーションもWeb環境で開発されて運用する事になります。
データ保護の為には分野に関係なくWebセキュリティを重視するしかありません。

security

 

PCI DSSの究極的な目的は敏感な情報を安全に保護する事です。
昨今の情報セキュリティの中心はネットワークやサーバ等のハードウェアを保護するセキュリティ政策からデータとアプリケーションを保護するWebセキュリティに移っています。
クラウドブリックのWAFを導入したら複雑なプロセスも無くPCI DSSのセキュリティ基準を遵守出来ます。
今すぐWAFを導入してWebサイト保護とオンライン決済セキュリティ基準遵守を全て解決しましょう。

Cloudbircの製品情報はこちら
製品に関するお問合せはこちら
パートナーに関するお問合せはこちら

Related Posts