WordPressで作成されたWebサイト、セキュリティ対策は万全ですか?

Home / セキュリティコラム / WordPressで作成されたWebサイト、セキュリティ対策は万全ですか?

Webサイトを作成するために使われているCMS(Contents Management System)ツール。オープンソースCMSといえば、WordPress(ワードプレス)、 Joomla (ジュームラ)、 Drupal (ドルーパル)などが広く使われていますが、世界的に高いシェアを誇っているのがWordPressです。WebサイトにおけるWordPress利用率は30%を超えているという報告もあります。

WordPressは日本でも企業、個人を問わず多く使われています。WordPressが提供するテーマ、プラグイン等、様々な機能を活用すれば誰でも簡単にWebサイトを制作することができます。しかし、誰でも手軽に編集することができるからこそ、セキュリティ問題も付き物になっています。ペンタセキュリティは毎四半期ごとに最新Web脆弱性を分析した結果をまとめたトレンドレポートを公開しておりますが、その結果によると2019年第2四半期から最も多く報告されたのが、WordPressに関する脆弱性ということが分かります。それでは、実際にはWordPressにどのようなセキュリティ問題があるのか、そしてどう対応すればいいのかをご紹介します。

 

セキュリティ問題とその対策

1. WordPressで制作されたといった事実を隠す

WordPressで作成されたWebサイトの場合、普通Webサイト管理者はドメインの後に「wp-admin」 または 「wp-login.php」をつけることでWordPressの管理画面にアクセスすることができます。つまり、ハッカーもドメインに少し手を加えるだけで容易にWordPressの管理画面にアクセスでき、その状況を知ることができるということです。しかし裏を返せば、このような情報を隠すことだけでもセキュリティ面で一定の成果を上げることができるということになります。「Hide My WP Plugin」などのプラグインを使うことで、管理画面のURLやその他「WordPressを利用している」という情報を隠し、簡単に対策をとることができます。

 

2. 便利なログイン機能はハッカーにも有効。ログインの試行回数を制限する

WordPressは普通のWebサイトと違ってパスワードに有効期限がないため、間違ったパスワードをいくら入力してもログイン機能がロックされません。Webサイト管理者にとっては便利な機能ですが、これはハッカーにも有効で、この脆弱性を狙い、成功するまで無限の数のパスワードで試し続けることができます。これに対応するには、「Limit Login Attempts」などログインの試行回数を制限するプラグインが有効です。

また前述の様に、ドメインの後に「wp-admin」 または 「wp-login.php」をつけることでWordPressの管理画面にアクセスすることができますが、このURLを変えることでけでもハッカーからの無差別攻撃の試しを防ぐことができます。 他にも、Webサイト管理者のアカウント名を変える、特定のディレクトリを閲覧専用に設定する、ディレクトリリスティングを非活性化する等の対策をとることができます。

 

3. 旧バージョンは弱点が丸見え。常に最新バージョンを使おう

WordPressは他のソフトウェアと同様に定期的なアップデートを実施しています。しかし、使用しているプラグインの互換性などの問題で、アップデートをすぐさま実行するWebサイト管理者はほんの少しにすぎません。ハッカーは、このように新規パッチが発表されたにもかかわらず、旧バージョンを使用しているページを狙います。アップデートは主に旧バージョンの弱点を補完するものであるので、逆に旧バージョンの弱点をさらすものにもなるのです。その為、できる限り迅速なアップデートの適用をおすすめします。

 

4. Web脆弱性を狙った多数の攻撃。WAFで対応しよう

冒頭で述べたように、WordPressでは多数のWeb脆弱性が発見されており、またそれを狙った攻撃も多発しています。 2020年第1四半期のWeb脆弱性トレンドレポートによると、WordPressのWeb脆弱性を狙った攻撃には以下の3種類がありました。

  • Cross Site Scripting: 特定のWebサイトからブラウザを通じ情報を奪取する攻撃
  • Authentication Bypass: 認証を迂回し、管理者コンソールへ不正アクセスする攻撃
  • CSV Injection: データをCSVファイルに出力するとき、不正な命令語を差し込む攻撃

このようにWeb脆弱性を狙ったサイバー攻撃を防ぐためには、セキュリティ対策を講じる必要があります。特に、WAF(Webアプリケーションファイアウォール)を導入することも一つの有効な対策となります。WAFはWeb脆弱性に対する攻撃に対応するだけではなく、ハッカーがWebサイトにアクセスすること自体を防ぐことができます。つまりWordPressのようなアプリケーション自体に脆弱性が存在する場合も、それによる被害を事前に防ぐことができるということです。

 

最後に

WordPressは業界随一のCMSツールですが、セキュリティ面で問題を抱えていることも事実です。決して「安全ではない」わけではありませんが、Webサイト管理者の不注意によっては脆弱性を抱えることになるでしょう。しかし、簡単な対策をとることでより安全に使用することができます。ご紹介した対策を念頭に置き、安全にWordPressを運用しましょう!

 

最新Web脆弱性トレンドレポートの情報はこちら

 

パートナー制度お問合せはこちら

トライアル申請はこちら

製品に関するお問い合わせはこちら

Related Posts