【A百貨店】Webサイト上の顧客情報を安全に管理するためクラウドブリックを導入、「お客様の個人情報保護」と「リスクヘッジ」を実現。

Home / 事例 / 【A百貨店】Webサイト上の顧客情報を安全に管理するためクラウドブリックを導入、「お客様の個人情報保護」と「リスクヘッジ」を実現。

業種 各種商品小売業
規模 大企業
導入時期 2019年

ビジネスにおいて、一回失った信頼を取り戻すことは非常に難しいと思います。セキュリティ事故が発生した場合、莫大な被害が発生するだけではなく、お客様の信頼を失うことになるため、事前にしっかりとしたセキュリティ対策を整えることが非常に重要だと思います。特に、多数のお客様の個人情報を取り扱っている弊社としては、さらに強力なセキュリティ対策を取る必要があると判断しました。(A百貨店 ITインフラ担当者)

 

WAFを導入したきっかけ

「お客様の個人情報保護とリスクヘッジの実現」

弊社が運営している百貨店ECサイトはお客様を対象にする会員制サイトであるため、普段から個人情報の取り扱いには幾分気を使っていました。しかし、2018年から1日平均接続者数が増えるにつれ、管理すべきデータも急増してきました。お客様の個人情報をより安全に管理するために現在のセキュリティ対策が十分なのかを再検討した結果、Webサイトに対する新たなセキュリティ製品を導入することを決めました。その中で、「お客様の個人情報保護」と「リスクヘッジ」の両方を実現できるWAF(Webアプリケーションファイアウォール)が候補に挙がり、導入にまで至りました。

 

クラウドブリック(Cloudbric)を選択した理由

「導入の容易性、高い信頼性、合理的な価格」

数々のWAFを比較するにあたり、次の3つのポイントを考慮しました。

  • 簡単に導入や運用できるか
  • 性能面で信頼できるか
  • 合理的な価格で利用できるか

WAFを導入するとき、導入にかかる手続きが複雑だったり、要する時間が長い場合にはIT担当者に相当な負担がかります。クラウドブリックの場合、クラウド基盤で提供されるため、システムを停止せずDNS情報を変更するだけで導入できるという点が大きなメリットでした。

また、個人的にセキュリティソリューションで最も重要なのは「性能面で信頼できる製品なのか」という部分だと思いますが、クラウドブリックは特許技術を保有しており、グローバルから技術力を認められ受賞した履歴を持っていますので、この部分も意思決定に大きく作動しました。日本をはじめとする5ヶ国で特許を持ち、グローバル受賞歴も持っているという事で、クラウドブリックに対する信頼がさらに増しました。

最後に、合理的な価格設定も大きなメリットだと感じた部分です。優れた技術を提供しながらも企業の状況に応じ多彩なプランを提供しており、柔軟な価格設定のおかげで思ったよりもコストを抑えることができました。

 

クラウドブリック(Cloudbric)の導入効果

「発生していたのかすらわかっていなかった、サイバー攻撃の存在を認知」

クラウドブリックを導入し間もなく、大量のサイバー攻撃を受けたという事を確認できました。クラウドブリックで提供されているダッシュボード機能を使い、サイバー攻撃状況をリアルタイムで確認し、遮断することが可能になったのです。このユーザインターフェースを通じ、三日間にわたった集中攻撃の中84.94%がSQL Injectionによる無断アクセスであり、個人情報の漏えいを目的としていたことを把握できました。もし、攻撃が起きていたこと自体を認知できない状況だったら、大きな事故が発生することは間違いなかったでしょう。事前に防止することで、大きな被害を防ぐことができました。

もう一点便利な部分を挙げるとすれば、クラウドブリックはダッシュボードを通じ把握できるサイバー攻撃の情報及びセキュリティ状況に関するレポートを毎月作成してくれます。一目で攻撃状況に目を通すことができ、またその報告書を社内報告にも使え、業務の手際を軽くするという点も自分にとっては大きなメリットです。

 

クラウドブリック(Cloudbric)導入を検討している企業への一言

大きな事故と化す可能性があったサイバー攻撃を経験した後、さらにWAFの必要性を痛感するようになりました。目にも見えず、いつ起こるか予想すらできないサイバー攻撃はまさに「潜在的な脅威」であり、そこに費用を費やすという事を疑問に感じられるかもしれません。今までよかったからこの先もよいだろう、と思う方も多数いらっしゃるでしょう。しかし今回クラウドブリックを導入して感じたことは、「Webサイトを持ち、個人情報を取り扱う」企業ならどの企業でもハッカーのターゲットになる、という事です。備えあれば患いなしという言葉通り、あらかじめ対策をとっておく必要があるでしょう。

WAFの導入を検討している企業の方なら、コスト、性能、便利性全てを満たすクラウドブリックを利用することをお勧めします。

 

パートナー制度お問合せはこちら

トライアル申請はこちら

製品に関するお問い合わせはこちら

Related Posts