クラウドブリック、BLUE STYLEとパートナーシップ締結…安全なECサイト運営を後押し

Home / プレスリリース / クラウドブリック、BLUE STYLEとパートナーシップ締結…安全なECサイト運営を後押し


情報セキュリティ企業のペンタセキュリティシステムズ株式会社(日本法人代表取締役社長 陳 貞喜、https://www.pentasecurity.co.jp、以下ペンタセキュリティ、韓国本社、ヒューストン/米国法人) は、8月11日にECサイトを企画・運用する株式会社BLUE STYLE(以下BLUE STYLE)とパートナーシップを締結し、クラウド型WAF「クラウドブリック(Cloudbric)」の提供による安全なWebサイトの運用管理に向けて協力していくと発表した。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響でテレワークの普及が急速に進む中、企業のITシステムのクラウド化も本格的に進められている。また、ビジネスにおけるオンラインシフトもより一層進行し、WebサイトやECサイトの重要性がさらに高まっている。しかし、このような急速な変化に対する備えが未だ不十分である状況の中、日々高度化するサイバー脅威にさらされているため、企業にはセキュリティ対策のさらなる強化が求められる。

 

そこで、ペンタセキュリティはEC-CUBEのエバンジェリストとして様々な情報サイト及びECサイトを制作・管理するBLUE STYLEとパートナーシップを締結し、Webサイトを構築・運用する際に必要となるWebセキュリティ対策としてクラウドブリックを提供する。

 

クラウドブリックは、ロジックベースの検知エンジンを搭載し高い精度のセキュリティを提供するクラウド型WAFサービスである。高度なセキュリティを必要とする企業ニーズに応じ、各企業に合わせてカスタマイズされたセキュリティサービスを提供している。また、プランに関係なく全ての機能を利用できる高いコストパフォーマンスを実現する。BLUE STYLEは、Webサイトで発生しうる各種脆弱性へのセキュリティ対策としてクラウドブリックを提案し、安全なWebサイト環境の実現を目指す。そして、セキュリティへの専門性をさらに高め、顧客の満足度向上およびビジネスパフォーマンス向上に貢献していく。

 

ペンタセキュリティ日本法人代表取締役社長の陳は、「ビジネスのオンライン化が進むにつれ、さらなる活性化が予想されるWeb基盤ビジネスにおいてセキュリティが肝となるだろう。」とし、「今回のパートナーシップを通じて、クラウドブリックの高いセキュリティ技術とBLUE STYLEのWebサイト構築運用能力など、両社の長所を活かし、お客様により安心してWebビジネスを推進していただけるよう、高度なセキュリティを提供していきたい。」と述べた。

 

■BLUE STYLE

2013年に個人事業BLUE STYLEを立ち上げ、2017年に株式会社BLUE STYLEに法人化する。代表は9年の EC の運用経験から、2013年にEC-CUBE公式エバンジェリストとして任命され、交流会の立上げや講演を通してサービスの普及に従事。2016年にはbaserCMSの公式エバンジェリストに就任し、ECに限らない、様々なサイトの構築・運用を得意としている。また、代表自身の子育て経験から「子育て子供服の課題」に着目し、自社サービスとして2015年に子供服のシェアリングエコノミーLynksをプレリリース。2016年には福岡スタートアップセレクションにおいてグローバルチャレンジ賞を受賞。課題の普遍性、大きさを確信し、2018年5月に Lynks を正式リリース。

 

■ペンタセキュリティシステムズ

ペンタセキュリティは創業23年目を迎えた情報セキュリティ専門企業であり、DB 暗号化・Webセキュリティ・認証セキュリティなどの企業情報セキュリティのための製品やサービスを研究・開発し、優れたセキュリティを認められた。優秀な技術力を基にし、国内はもちろん、海外市場でも技術力を認められ、多数受賞している。IoTセキュリティやコネクテッドカー向けのセキュリティ関連技術の開発にも力を注いており、最近はブロックチェーン研究所を新設し、ブロックチェーン技術を活用した製品およびサービスの商用化に集中している。

URL:https://www.pentasecurity.co.jp/

 

【本件に関するお問い合わせ】

ペンタセキュリティシステムズ株式会社

クラウドブリック プロダクトマネージャー キム

電話番号:03-5361-8201 Email:yykim@cloudbric.com

 

パートナー制度お問合せはこちら

トライアル申請はこちら

製品に関するお問い合わせはこちら

Related Posts