【共同ウェビナー】7月4日(木)14:00~「AWSセキュリティ運用の現状と対策」

2024年7月4日(木)に株式会社ディーネット主催のウェビナー「AWSセキュリティ運用の現状と対策:~効果的なセキュリティフレームワークを今すぐ構築する方法~」にて講演を行います。

 

■概要

セキュリティ対策は、企業がクラウド運用を行う上で欠かせない要素です。特にAWSを利用する企業にとっては、最新のセキュリティフレームワークを理解し、実践することが求められます。本ウェビナーでは、AWSのセキュリティ運用の基本から、実際の運用に役立つ具体的な方法までを専門家が詳しく解説します。

 

■セッション内容


14:05~ 1部:アマゾン ウェブサービス ジャパン合同会社
AWS を利用するために抑えておきたいセキュリティの基本


14:20~ 2部:ペンタセキュリティ株式会社
押さえておきたい!AWS WAF活用時の課題とベストアンサーとなる運用管理サービスとは


14:35~ 3部:株式会社ディーネット
AWSのセキュリティサービスを活用したセキュアな運用方法のご紹介


 

■実施要領

日時:2024年7月4日(木)14:00~15:00
形式:ZoomによるWebセミナー
主催:主催:株式会社ディーネット
共催:ペンタセキュリティ株式会社
協力:アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社
参加費:無料(事前登録制)
申込:https://www.denet.co.jp/event/2407_webseminar/?srcid=2000

AWS Summit Japan 2024

【イベント】「AWS Summit Japan 2024」に出展

 

このたび、ペンタセキュリティは、2024年6月20日(木)~21日(金)に幕張メッセで開催される「AWS Summit Japan 2024」に出展いたします。

 

■イベント概要

AWS Summit は、クラウドコンピューティングコミュニティが一堂に会して、アマゾン ウェブ サービス (AWS) に関して学習し、ベストプラクティスの共有や情報交換ができる、クラウドでイノベーションを起こすことに興味があるすべての皆様のためのイベントです。

ペンタセキュリティのブースでは、AWS WAFに特化した運用管理サービス「Cloudbric WMS」やAWS WAF専用のマネージドルール「Cloudbric Managed Rules」を紹介します。

 

■開催概要

  • 名称:AWS Summit Japan 2024
  • 主催:アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社
  • 開催日時:2024年6月20日(木)~21日(金)
  • 会場:幕張メッセ(ライブ配信もあり)
  • ブース番号:H5-B096
  • 参加費:無料(事前登録制)
  • 登録方法:下記URLより、招待コードは「SPC1237388」とご入力のうえ、ご登録ください。
    https://aws.amazon.com/jp/summits/japan/

 

ご来場をお待ちしております。

뉴스보도_AWS_627x289_240503

「AWS 公共部門パートナー」の認定を取得

このたび、ペンタセキュリティは、アマゾン ウェブ サービス(AWS)の「AWS 公共部門パートナー(PSP)」の認定を取得しました。

AWS 公共部門パートナープログラムとは、世界中の政府機関、宇宙、教育機関、非営利団体を支援してきた、クラウドベースのソリューションと経験を持つ AWS パートナーを認定するプログラムで、AWS 公共部門の各チームと連携して、公共部門のビジネスの成長を支援します。

AWS のクラウドサービスを活用し、より効率的で革新的なソリューションの提供を目指しています。

今後は、政府・官公庁、地方自治体、教育機関、医療機関、非営利団体などの公共部門のお客様に、AWSのクラウドサービスを活用した高度なソリューションおよびサービスの提供を強化してまいります。

 

▽AWS 公共部門パートナープログラムとは

https://aws.amazon.com/jp/partners/programs/public-sector/

AWS Activate

「AWS Activate」プロバイダーに認定、5,000ドルのAWSクレジットを提供

このたび、ペンタセキュリティ株式会社は、アマゾン ウェブ サービス(以下AWS)のスタートアップ支援プログラムである「AWS Activate」のプロバイダーに認定されました。

 

情報セキュリティ企業であるペンタセキュリティは、クラウド型WAFサービスの開発ノウハウを活かし、AWS認定ソフトウェアとしてAWS WAFに特化した運用管理サービス「Cloudbric WMS for AWS」やAWS WAF専用のマネージドルール「Cloudbric Rule Set」を提供してきました。

今回、ペンタセキュリティがAWS Activate プロバイダーに認定されたことにより、スタートアップ企業は5,000ドル(US)相当の AWSクレジットを受け取ることができ、Clourbricの利用料金に充当することが可能になります。また、AWS ソリューション アーキテクトによる技術支援、パーソナライズされたコンテンツや限定オファーを受けられるAWS Activateコンソールへのアクセスも可能になります。

AWS Activateを通じてClourbricのサービスを導入することで、スタートアップ企業のセキュリティを強固にできるとともに、ビジネス競争力の向上や事業成長にも貢献できると考え、今回の参画に至りました。

 

▼AWS Activate の詳細および申し込みはこちら

https://www.cloudbric.jp/aws-activate/

 

▽AWS Activateとは

https://aws.amazon.com/jp/activate/activate-landing/

2024 Globee Awards for Cybersecurity

「2024 Globee Awards for Cybersecurity」でCloudbric WAF+が銀賞を受賞

このたび、ペンタセキュリティ株式会社は、2024年の 「Globee Awards for Cybersecurity」において、セキュリティハードウェア部門で金賞(WAPPLES)、Webアプリケーションセキュリティ&ファイアウォール部門で銀賞(Cloudbric WAF+)、データセキュリティ部門で銅賞(D’Amo)を受賞しました。

 

今年20回目を迎えた「Globee Awards for Cybersecurity」は、サイバーセキュリティ分野における優れた企業、製品、個人を表彰することを目的にしています。さまざまな組織や業界から集まった500名以上の専門家が審査を行い、卓越した業績を上げた受賞者が選定されました。

クラウド型WAFサービス「Clourbric WAF+」は『セキュリティに詳しくない非専門家も手軽に運用できるサービスである』点が評価され、今回の受賞に至りました。

 

2024年の受賞リスト
https://globeeawards.com/cybersecurity/winners/

JapanITWeekSpring2024

【イベント】「Japan IT Week 春」 情報セキュリティEXPOに出展

このたび、ペンタセキュリティ株式会社は、2024年4月24日(水)~26日(金)に東京ビッグサイトで開催される「Japan IT Week 春」の情報セキュリティEXPOに出展します。

 

■出展内容

ペンタセキュリティのブースでは、データ暗号化ソリューション「D’Amo」と、クラウド型セキュリティプラットフォーム「Cloudbric」を紹介します。

サイバー攻撃が巧妙化し、企業の持つ機密情報・個人情報の漏えい事故が多発する昨今、サイバーセキュリティ対策は急務です。ペンタセキュリティでは、外部からの攻撃を防御するサービス(Cloudbric)から企業内部にあるデータを暗号化する製品(D’Amo)まで取り揃えており、企業のセキュリティ課題を解決します。

 

■開催概要

 

all3_1200_628_2

【オンラインセミナー】3月5日(火)13:00より「ITトレンドEXPO2024」にて講演

 

このたび、2024年3月5日(火)から開催されるオンライン展示会「ITトレンドEXPO2024」にて、講演を行うことが決定いたしました。

 

■「ITトレンドEXPO2024」概要

ITトレンドEXPOは、株式会社Innovation&Co.の運営する法人向けIT製品の比較・検討サイト「ITトレンド」が主催する業界最大級のオンライン展示会です。「ビジネスシーンに、新たな出会いを。」をコンセプトに、DX化をテーマにしたセッションや展示エリアを強化するとともに、ビジネスのテーマでもあるIT化や効率化など、課題を解決できる製品やサービスにも触れることが可能です。

 

  • 名称:ITトレンドEXPO2024
  • 開催日時:2024年3月5日(火)〜 3月8日(金)※ライブ配信による開催
  • 費用:無料
  • 主催:株式会社Innovation & Co.
  • 視聴申込:https://it.expo.it-trend.jp/

 

■セッション概要

近年、パブリッククラウドの利用は、ビジネスの効率化と価値創出の肝になっていますが、同時にサイバー攻撃リスクを回避するためにはセキュリティ対策を十分に考慮する必要があります。パブリッククラウドは「責任共有モデル」を採用しており、データやアプリケーションのセキュリティは企業自らが意思決定と施策を行わなければなりません。

本セッションでは、AWSを活用している企業のWebセキュリティにフォーカスして、情報システム部門がリーダーシップを発揮するために必要な3つのポイントを取り上げながら、クラウドネイティブな選択肢であるAWS WAF活用時のセキュリティ課題とベストプラクティスを紹介します。

 

  • タイトル:押さえておきたい!AWS WAF活用時のセキュリティ課題とベストプラクティス、企業リーダーシップの重要性
  • 講演日時:2024年3月5日(火)13:00~13:30
  • 講演者:日本法人代表取締役社長 陳 貞喜
  • 詳細:https://it.expo.it-trend.jp/session/time#session-239
20240208_pentasecurity_banner

【ウェビナー】2月8日開催「AWSへの移行時の鍵、セキュリティの設定は最適ですか?」

 

2024年2月8日(木)にオンラインセミナー「AWSへの移行時の鍵、セキュリティの設定は最適ですか?~AWSに特化した運用代行サービスの選び方とAWS WAFの適切な運用や対策について解説」を開催いたします。

クラウドへの移行は、ビジネスの効率化と拡張の鍵です。中でも「AWS」はその柔軟性と拡張性、付帯している機能・サービスの多様さ等から、多くの企業が採用する主流の選択肢となっています。導入や運用に関しては、外部に委託する場合も多いですが、「任せておけば安心」というわけにはいきません。本セミナーでは、AWSを活用したい企業に対して【AWS運用代行サービスの選び方】に加え、いま最も注目されている【AWS WAFの適切な運用と対策】についてご紹介します。

AWSを使ってみたい、既に利用しているものの最適化していきたい、管理体制を再構築したい、セキュリティ設定を確認したいなど、AWSの運用やセキュリティリスクに不安を抱えているユーザー企業の方はぜひご参加ください。

 

■日時:2024年2月8日(木)14:00~15:00

▽お申し込みはこちら

penta_logo

社名変更のお知らせ:「ペンタセキュリティ株式会社」へ

penta_logo

ペンタセキュリティシステムズ株式会社は、2023年10月4日付で社名をペンタセキュリティ株式会社へ変更したことをお知らせいたします。

 

■社名変更の目的

ペンタセキュリティは1997年に韓国で設立以来、情報セキュリティ企業としてデータ暗号化やWAF(Web Application Firewall)などの製品を提供してまいりました。2017年にはクラウド型セキュリティプラットフォームサービス「Cloudbric(クラウドブリック)」を、2019年には自動運転セキュリティ「AutoCrypt」を独立法人化させ、サービスの競争力と専門性を高めてきました。現在では、国内外で135の特許技術を保有し、全世界で70万以上のWebサイトを保護しています。*

しかし近年、世界のセキュリティ市場では、クラウドベースのセキュリティサービスSECaaS(Security as a Service)へとセキュリティ環境の大転換が行われています。SECaaS市場は過去5年間に年平均25%以上の急成長を遂げており、2023年には約21兆ウォン(約2兆4,000億円)規模と予想されています。

こうした状況を踏まえ、クラウドセキュリティ分野のさらなる強化のため、ペンタセキュリティとCloudbricが合併し、「ペンタセキュリティ株式会社」へと社名変更することにいたしました。ペンタセキュリティは、今後もサイバーセキュリティ技術とクラウド技術のノウハウを融合させることで、より強力で高度なセキュリティサービスを提供してまいります。

* 日本では、Cloudbricは法人化しておらず、ペンタセキュリティが販売を行っています。

20231129_pentasecurity_banne

【ウェビナー】11月29日開催「専門外なのでわからない」では済まされないAWS WAFの課題をどう解決する?

 

2023年11月29日(水)にオンラインセミナー『「専門外なのでわからない」では済まされないAWS WAFの課題をどう解決する? 〜AWSインフラでAWS WAFを付帯したいSIer・開発会社向け〜』を開催いたします。

 

AWSの導入が進む現在、SIerやシステム開発会社もAWSの移行サービスや運用・メンテナンスを担当したり、提供するシステムのインフラとしてAWSを扱ったりするケースが増えています。顧客企業では、AWSへ移行の際に既存オンプレ環境同等、またはそれ以上のセキュリティレベルを求めており、WebベースのシステムをAWS上構築する際には、適切なセキュリティ対策が必要です。

特にAWS WAFの運用については、導入と運用が簡単そうで付帯するものの、意図しない過剰な遮断によるサービス障害や正確に攻撃を検出したり脆弱性対応のためにカスタムルールを作成し付加したりと、専門的な知識が必要となるため、対応に悩む企業が多く見られます。また、適切なセキュリティ対策を提供できないと、顧客企業との信頼関係が失われる可能性もあります。

本セミナーでは、AWS移行サービスや設計、構築、開発、運用等を行うSIerと開発会社が顧客企業に提案する際、Webセキュリティ対策で導入すべきAWS WAFにおいて考慮すべき3つのポイントを解説します。

また、具体的な解決策としてAWS WAFに特化した運用管理サービスの「Cloudbric WMS for AWS」をご紹介します。高度なAWS WAFのルールセットとセキュリティ専門家のマネージドサービスが付帯されており、直感的で情報性のあるユーザーフレンドリーなインターフェースを提供します。

AWS WAFの運用に困っている方、またはセキュリティ対策のご提案でお悩みのSIerやシステム開発会社の担当者の方など、AWS WAFをご検討されている方はぜひご参加ください。

 

■日時:2023年11月29日(水)15:00~16:00

▽お申し込みはこちら