All posts tagged: SQLインジェクション

【必見】最新版!Web攻撃と脆弱性について10のパターンを紹介!

近年、Webサイトを対象とした悪意のある攻撃者からのサイバー攻撃が後を絶ちません。ペンタセキュリティ株式会社とクラウドブリック株式会社が共同で公開した2021年第2四半期のWeb脆弱性トレンド情報によると、Web脆弱性発生件数は上昇傾向にあり、2021年6月は70件が発生しました。Webアプリケーションの脆弱性を狙った攻撃が巧妙化し、セキュリティ対策の必要性はますます高まっています。 そのため、Webアプリケーションを利用したサービス提供をしているのなら、最新のWeb攻撃の動向や事例は、知っておくべきでしょう。  本記事では、Webアプリケーションの脆弱性を狙ったWeb攻撃の動向や事例についてまとめました。 2021年第2四半期のEDB-CVEレポートのダウンロードはこちら   最新版!Web攻撃と脆弱性10選 Webアプリケーションとは、インターネット上で稼働するシステムの総称で、主に、Webサーバー上で動作し、ChromeなどのWebブラウザで操作します。それに対して、スマートフォンなどの端末やパソコンにインストールして利用するアプリケーションはネイティブアプリケーションと呼んでいます。ちなみに、これらの2つの大きな違いは、利用する際にインターネットアクセスの有無で、一般的には、Webアプリケーションはインターネットへアクセスする必要があるため、攻撃者からのサイバー攻撃に遭遇する危険性が伴います。  それでは、最新のWebアプリケーションへ主に発生する10つのWeb脆弱性について詳しく見てみましょう。 クロスサイトスクリプティング […]

Read more

SQL Injectionとは?脆弱性に対する3つの対策について解説!

WebサイトやWebアプリケーションのセキュリティに対する脅威の1つに「SQL Injection」という攻撃手法が存在します。ペンタセキュリティが公開した2021年第1四半期のWeb脆弱性レポートによると、1位はXSS(Cross Site Scripting)で44%、続いてSQL Injectionが26%で2位を占めています。WebサイトやECサイトの運営をしているのであれば、個人情報の漏洩やサイトの改ざん阻止のために「SQL Injection(SQL インジェクション)」についてよく理解しておかなければなりません。本記事では、「SQL Injection」による攻撃のセキュリティ対策のポイントについて解説しています。また、後半では「SQL […]

Read more

今でも続くWebアプリケーションへの攻撃!JPCERT/CCの最新レポートから読み解く攻撃手法を解析

10月15日、一般社団法人 JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)が、2020年第2四半期のインシデント報告対応レポートを発表しました。国内外で発生するコンピューターセキュリティインシデントの報告をとりまとめたもので、今回は2020年7月1日~9月30日までの間に受け付けたインシデント報告の統計および事例について紹介されています。それによると、今期のインシデント件数は8386件で、前四半期の約1.2倍へと拡大しています。またフィッシング攻撃やWebサイトの改ざん、マルウェアサイトなどで増加が見られたということです。今回はこのレポートを基に、今危機感を持つべきWebサイトへの攻撃への高まりとは具体的に何か、その対処法はあるのかを重点においてお届けしていきたいと思います。   インシデント報告対応レポート統計 JPCERT/CCは、インターネット利用組織におけるインシデントの認知と対処、インシデントによる被害拡大の抑止に貢献することを目的として活動しています。今回発表されたレポートの統計についてまとめてみました。 インシデント報告関連件数 引用:JPCERT/CC  こちらの図に示されているWebフォーム、メール、FAX等でJPCERT/CCに寄せられた報告の総件数は13,831件で、前四半期の1万416件から33%増加しています。JPCERT/CC […]

Read more