All posts tagged: Webセキュリティ

「責任共有モデル」とは?クラウド時代のセキュリティについて徹底解説!

データ主導権モデルの分花いモデルの責任分界点

昨今、クラウドサービスの普及に伴い、多くの企業がクラウドサービスへの移行を検討していると思われます。しかし、クラウドサービスの利用時に注意したいのが、事故が起きた際に誰が責任をとればよいのか、ということです。現在のクラウドサービスの多くは「責任共有モデル」というセキュリティモデルを採用しています。しかし昨今、とりあえずクラウドを使ってみよう、という考え方が広がり、こうした「責任共有モデル」をはじめとするセキュリティについて把握しきれていない利用企業も多数あると言われています。総務省は、クラウドサービス事業者向けの「情報セキュリティ対策ガイドライン」を2021年9月に改定し、この責任共有モデルについて内容を拡充しました。 こうした事情に鑑みて、ここでは、クラウド時代の新しいセキュリティである「責任共有モデル」と弊社が提案する「データ主導権モデル」について解説していきます。また、セキュリティ対策として具体的にどのような対策があるのか、最後に紹介します。   責任共有モデルとは そもそも、責任共有モデルとはどのようなモデルなのでしょうか。簡単に言ってしまえば、サービスにおける責任をクラウド事業者と利用者との間で共有するという考え方です。クラウドの登場によって、セキュリティのあり様は大きく変わったと言われています。完全に自社内だけで、インフラからアプリケーション構築、データ管理を行っている場合は、データの機密性の保持を第一に考え、外部との通信に気を遣えば、大きな問題はないと思われるでしょう。しかし、クラウドの登場により自社の「外部」にデータやアプリケーションを保持する、という運用体制が出来上がります。そのため、データやシステムに問題が起きた時にどこが責任をとるのか、どのようなセキュリティ対策を施すべきなのか、ということを考え直す必要がありました。そうして生まれたのが、「責任共有モデル」という考え方でした。 例えば、クラウド事業者がインフラ等に責任を、利用者がデータに責任を持つと仮定してみましょう。ハードウェアやネットワークについては事業者が管理し、障害等が起こった際には責任を負います。それに対して、実際にクラウド上に保存されているデータに関しては利用者が管理し、操作の誤り等による損失の際には責任を負います。このように、サービスの管理責任の範囲を明確化して共有する、という考え方が「責任共有モデル」です。   IaaS、PaaS、SaaSの「責任分界点」の違い […]

Read more

DX時代に求められるマネージド・セキュリティ・サービス(MSS)とは

今の時代、企業が抱えるセキュリティ課題として、人材の育成、製品導入など、時間とコストがかることが挙げられています。その対策として注目を集めているのが、コストを抑えながら導入の時間も短縮できるマネージド・セキュリティ・サービス(Managed Security Service:MSS)です。MSSは企業のセキュリティ対策をマネージド・セキュリティ・サービス・プロバイダー(Managed Security Service Provider:MSSP)に外部委託するサービスです。 MSSPは専門の技術者が24時間365日体制で監視・分析して「本当に危険なものだけ」を通知してくれます。導入を検討しているIT担当者の方向けにMSSの内容とメリットについて説明しますので、ぜひご活用ください。   […]

Read more

11月9~18日「韓国 IT EXPO」出展のお知らせ

この度、11月9日(火)~18日(木)に開催される「韓国 IT EXPO 2021」に、クラウド型セキュリティ・プラットフォーム・サービス「Cloudbric」を出展いたします。 「韓国 IT EXPO 2021」では、韓国のセキュリティ、ニューノーマルとDX、AIスタートアップ等の精鋭ベンチャー企業33社を集め、セミナーとビジネスマッチングを行います。 […]

Read more

株式会社SIG

  株式会社SIG 株式会社SIGは独立系IT企業として、様々な分野及び業種における情報システムや産業制御システムのようなシステム開発事業等に取り組んでいます。また、それらを支えるITインフラソリューション及びセキュリティなど幅広い分野でサービスを提供しています。 「Cloudbric WAF+」の導入を検討したきっかけを教えてください。 Webサイトの構築や運営する方であれば、「WAF」という言葉を耳にしたことがあると思います。長引くコロナ禍で当社が運営するコーポレートサイトへのアクセスやお問い合わせが増加する中、Webサイトセキュリティの必要性を感じたこともあり、セキュリティ強化策として情報漏えいや脆弱性への対策としてWebアプリケーションレベルでのセキュリティ対策を最初にしておくべきだという意見も多く、WAFの導入を決定しました。 様々な選択肢がありましたが、他社と比べて費用が安く且つ性能の優れたWAFとして評価されている「Cloudbric WAF+」を導入することになりました。無償トライアル期間中においても、実際の運用環境を想定して自社環境に合ったセキュリティ対策で運用してみることができましたし、非常に使いやすかったので、そのまま実導入に至りました。 […]

Read more

株式会社ワールドスカイ

  株式会社ワールドスカイ 株式会社ワールドスカイは、お客様が本当に必要なICT技術は何か、その技術のセキュリティリスクに問題は無いかを常に考え、研究し、最高のご提案を行えるように取り組んでいます。創業より、海外セキュリティ製品にこだわり、良い技術・製品・サービスを探してまいりました。海外の特性を活かし、日本独自の風習に合うようにコーディネイトすることにより、多くの企業様へ安心してご利用いただけるICT技術を導入させて頂いております。これからも「セキュリティを活かしたICTでお客様の課題解決」をモットーに、お客様の最高のパートナーになれるように日々精進いたします。 「Cloudbric WAF+」の導入を検討したきっかけを教えてください。 弊社は、SI(システムインテグレーション)ビジネスを展開する企業として、Webアプリケーションへのセキュリティ対策としてコンサルティング、脆弱性診断などを提供しております。Webサイト上に大幅な追加・修正が生じた際は、脆弱性診断で対策を取る方法もありますが、金額面・恒久的な対策という側面を考慮した際、24/365で運用をサポートしてくれるサービス兼セキュリティ専門チームを活用することが効果的であるという判断に至り「Cloudbric WAF+」を採択しました。実際に「Cloudbric WAF+」を使用してみたところ、アプライアンスタイプのWAFに比べて初期費用や運用コストが非常に安く、予算を抑えることができました。運用面におきましても、弊社側で常にログを分析せずとも、脅威IPや最新の脅威データベースに基づいた対策をメーカ側で行っているため安心して利用できます。結果的に運用負荷の軽減にもつながっています。「Cloudbric […]

Read more

株式会社 キャスト・ワークス

株式会社 キャスト・ワークス 小規模~中規模事業者のためのIT活用による業務効率化を支援する「株式会社キャスト・ワークス」。 現在、大阪府内を中心にネットワーク管理、小・中規模システム開発から、情報機器の設置提案、セキュリティ構築ビジネスに至るまで、幅広いコンサルティングを提供しています。 Cloudbric WAF+の導入を検討したきっかけを教えてください。 弊社は2019年、ペンタセキュリティシステムズと販売代理店契約を結び、Cloudbric WAF+の販売を国内にて行ってまいりました。導入のきっかけとしては、やはりリセラーという形で製品を販売するにあたって、まだ導入されていないお客様にCloudbric […]

Read more

中堅・中小企業のWebセキュリティ対策は何から取り組むべき?

インターネットの普及を背景に、悪意のある第3者からのサイバー攻撃に備えて、Webセキュリティ対策をしておく必要があります。もちろん、大企業だけでなく、中堅・中小企業も同様に、Webセキュリティ対策は意識しておかなければなりません。そもそも、悪意のある第3者からの攻撃を受けているのは大企業だけではなく、近年は中堅・中小企業が被害に遭う割合が増加傾向にあります。しかし、そんな中堅・中小企業のWebセキュリティ対策の方法が分からないこともあるでしょう。 本記事では、中堅・中小企業のWebセキュリティ対策で取り組むべきことについて解説しています。   Webセキュリティ対策を立てていく中堅・中小企業の特徴とは? 年々、増加傾向にある悪意のある第3者からのサイバー攻撃。そのなかで、特にターゲットとされる事案が増加しているのが中堅・中小企業です。 中堅・中小企業がターゲットとされる理由は? 悪意のある第3者が中堅・中小企業を攻撃のターゲットにする理由は、大企業と比べてWebセキュリティ対策をきちんとしていないところが多いためです。そもそも、中堅・中小企業が大企業と比べてWebセキュリティ対策が不十分な理由は、「まさか自社がターゲットにされることはない」という意識の低さもありますが、経営状況も大きく影響するようです。Webセキュリティ対策には、膨大な費用もかかりますし、基本的には担当者を設けなければ上手く運用できません。 悪意のある第3者が中堅・中小企業をターゲットとする目的は? […]

Read more

株式会社不動産SHOP ナカジツ

株式会社不動産SHOP ナカジツ 愛知・福岡・千葉に30店舗展開し、不動産仲介業(おうち探し館!)の他にリフォーム(Asobi-リノベ)、新築住宅(Asobi-創家(すみか))など幅広く手掛ける「ワンストップサービス」が特徴の総合不動産企業「不動産SHOPナカジツ」。 不動産業界の既存モデルにとらわれず、ユーザーファーストのサービスを展開し、中古住宅+リノベーション事業においては全国3位の実績を誇るなど急成長を遂げている。 Cloudbric WAF+の導入を検討したきっかけを教えてください。 ずいぶん前のことになりますが、DDoS攻撃を受けて社内システムがダウンしたことがありました。幸いなことに、大きな被害は発生していませんでした。しかし、いつ、どこから仕掛けてくるか全く予測のつかないDDoS攻撃の恐ろしさを改めて実感する瞬間であったし、ホームページやWebサーバーへのセキュリティ対策を見直すきっかけにもなったと思います。DDoS攻撃は、攻撃対象に大量のトラフィックを送り付けてサービスを停止させることが一般的ですが、だからといって全てのトラフィックを遮断してしまうと、正常なトラフィックまで遮断されサービスが利用できない状況が生じてしまいます。うちのホームページに訪ねてくださるお客様に迷惑をかけるわけにはいかないので、我々には異常のあるトラフィックをしっかり遮断し、正常なトラフィックのみを通すことのできる性能の高いセキュリティ対策が必要でした。それでWAFを含め総合的なWebセキュリティ対策を探し始めたのです。 Cloudbric […]

Read more

不動産、賃貸情報サイトになぜWebセキュリティ対策が必要なのかについて

不動産情報サイト事業者連絡協議会(RSA)が発表した「2020不動産情報サイト利用者意識アンケート」調査結果によると、不動産情報を調べる際に利用したものでは、スマートフォンの利用率が92%で2014年以来最高となっています。PC利用率も昨年より増加し約50%と増加傾向にあることから、不動産・賃貸情報サイトを運営する企業において、WAFのようなWebセキュリティ対策がますます重要となっています。しかし、不動産や賃貸物件の防犯対策はしっかりしていても、自社のWebサイトのセキュリティ対策をしていないケースも少なくありません。 Webサイトは、現代ビジネスにおいて必須のツールとして積極的に活用されていますが、現在多くのWebサイトがサイバー攻撃のターゲットとなっています。そんなサイバー攻撃から自社の不動産・賃貸情報サイトを守るためにも、WebサーバやWebサイトを保護してくれるWAFを導入するなど、Webセキュリティ対策は重要です。本記事では、動産・賃貸情報サイトでのWebセキュリティ対策をテーマに解説しています。ぜひ、最後までご覧ください   不動産・賃貸情報サイトの特徴とは?Webセキュリティ対策の重要性について考える ここでは、不動産・賃貸情報サイトでのWebセキュリティ対策の重要性について解説しています。まずは、不動産・賃貸情報サイトの特徴から、詳しくみていきましょう。 不動産・賃貸情報サイトの特徴 近年、サイバー攻撃のターゲットとなるのは、大企業のWebサイトだけに留まりません。また、セキュリティ対策が不十分なWebサイトはターゲットにされやすく、不動産・賃貸情報サイトが標的となるケースも数多く報告されています。不動産関連の会社の営業は、不動産や賃貸物件を見つけたユーザからお問い合わせを頂くことから始まります。そのきっかけに、Webサイトを活用している企業もあることでしょう。不動産・賃貸情報サイトを利用するメリットには、「物件を探す人の利用率が高い」「物件情報を簡単に紹介できる」などが挙げられますが、実はサイバー攻撃から狙われやすい特徴もみられます。不動産・賃貸情報サイトは、下記のような特徴から金銭目的のサイバー攻撃を受ける可能性があります。 入力フォームで個人情報を入力する […]

Read more

企業における現在のWebセキュリティ問題と、クラウド型WAFによる対策

現在はクラウドサービスをはじめとしたWeb上のサービス・セキュリティの進化が目覚しく、多くの企業がそれらのサービスを利用しています。一方で、企業の機密情報を狙うハッカー達によるサイバー攻撃も同じように巧妙・複雑化し、セキュリティとのいたちごっこが続いていて、情報漏洩をはじめとする多くの被害が、企業の規模を問わず発生しています。 本記事では、2020年に起きたサイバー攻撃の傾向と、国内企業のWebセキュリティが脅かされた実際の事例を紹介し、その対策となるWebセキュリティ対策についても見ていきたいと思います。   2020年のサイバー攻撃の傾向 2020年上半期にはコロナウイルスの世界的な流行があり、ハッカー達はそれに便乗して、各国の政府や医療機関をはじめ、膨大な個人情報や機密情報を持つ企業などを標的にサイバー攻撃を行うケースが急増しました。不特定多数にばらまくスパムメールだけでなく、特定の企業を標的としたランサムウェアによる計画的な攻撃が急増し、より戦略的で高額の身代金を要求する事件が多発する結果となりました。 特定の法人企業を対象としたサイバー攻撃の特徴として「侵入経路の多様化」、「クラウド環境特有の脅威」、「侵入後の内部活動の常套化」の3つが挙げられます。メールによる攻撃はもちろん、テレワーク環境への移行に伴い、VPNによる通信の際、正規のユーザのアカウント情報を入手して本人になりすまして侵入したり、VPN装置の脆弱性を悪用する方法で攻撃がおこなわれたり、Zoomのインストーラーにバックドア型マルウェアとボットが含まれたものなどが確認されています。Zoom自体は正規の物を利用して正常に使用できるだけに、サイバー攻撃であることに気付くのが難しいという特徴を持っています。 以上のように、コロナ禍によるテレワーク環境の弱点をついた、「末端である従業員のモバイル端末を狙った攻撃」と、「クラウドサービスを狙った攻撃」が激化しているのが現在のサイバー攻撃の特徴だと言えるでしょう。   […]

Read more