All posts tagged: 企業サイト保護

株式会社シャトレーゼ

株式会社シャトレーゼ 株式会社シャトレーゼは素材にこだわった安全・安心なお菓子作りを行っています。自社工場近隣の契約農家から毎日新鮮な卵や牛乳、フルーツを使用し、ケーキや洋菓子、和菓子、アイスなど約400種類のスイーツを全国のシャトレーゼで販売しています。 Cloudbricの導入を検討したきっかけを教えてください。 シャトレーゼのホームページは十数年前に作られたものですが、比較的最近まではアプリケーションの脆弱性やセキュリティに関するところなどにあまり意識がありませんでした。それが、2015年に大規模な情報漏洩事件が国内外で続々と報じられたこともあり、「情報の管理体制を見直すべきだ」という声が上がってきました。数万人規模の会員を保有しているうちのホームページの場合、オンラインショップを通じての通信販売にも積極的で、沢山のお客様の個人情報を取り扱っていました。そういうわけで他社のWAFも含めて総合的に精査・検討した上で2018年、クラウドブリックのWAFの導入を決めました。そして、今回新しくロンチングしたYATSUDOKIという別ブランドのホームページに対しても、セキュリティを充実にさせたいというところでクラウドブリックを導入しています。 WAF選定時、最も重視されたポイントを教えてください。 コストです。費用対効果と言い換えられますが、クラウドブリックは非常にコストパフォーマンスに優れていると思います。企業規模に合わせて、エコノミーやビジネスなど様々なプランが用意されていたため、最適なプランで最高のセキュリティを導入することができています。 それに、無償トライアル期間中に実際使ってみてからずっと感じていたことでもありますが、管理画面のUIが使いやすくて機能面でも充実しているところがメリットだと思います。いくら良い機能がついていたとしても、使われない機能になってしまうと結局意味がないと思いますので、期間バーを少し調整するだけで特定の日の検知数を簡単に確認できるなど、必要な機能を分かりやすく、詳しく提供してもらえることは、ユーザの立場としてはかなり重要なポイントだと思います。 クラウドブリックを利用した感想をお聞かせください。 […]

Read more

クラウドブリック、wizlynx group社によるWebアプリケーションペネトレーションテストを実施、Web脆弱性に対する検知能力を検証

情報セキュリティ企業のペンタセキュリティシステムズ株式会社(日本法人代表取締役社長 陳 貞喜、https://www.pentasecurity.co.jp、以下ペンタセキュリティ、韓国本社、ヒューストン/米国法人)は9月28日、自社が提供するクラウド型WAF「クラウドブリック(Cloudbric)」(サービスサイト:https://www.cloudbric.jp)について、スイスのセキュリティ専門企業のwizlynx group社によるWebアプリケーションペネトレーションテスト(侵入テスト)で優秀な成績を納めたことを明らかにした。 一般社団法人JPCERTコーディネーションセンターによると、2020年4月から6月まで発生したサイバーセキュリティインシデント報告件数は10,416件で、前四半期の6,510件からおよそ60%増加したと報告され、Webセキュリティに対しさらに徹底したセキュリティ対策が求められている。 wizlynx group社はインフラ及びネットワーク情報セキュリティソリューション分野で豊富な経験を持っている。アメリカ、ドイツなど7か所の海外拠点を有し、全世界にサイバーセキュリティサービスを提供する企業である。特に、セキュリティ業界で認められた高いレベルのセキュリティ監査及びペネトレーションテストのサービスを提供している。 今回のテストは、クラウドブリックの性能を検証し、日本及びグローバル市場においての競争力をさらに強固にするために依頼したもので、セキュリティ教育機関の […]

Read more

INTERLINE株式会社

INTERLINE株式会社 INTERLINE株式会社は、ITサービス事業を基盤としてITソリューション事業、オンライン英会話サービス事業を展開し、業界をリードする高品質のITサービスを提供しています。 Cloudbricの導入を検討したきっかけを教えてください。 まずは、セキュリティ対策に対するお客様からのニーズが強かったためです。お客様に安心してWebサイトを利用していただくためには徹底したWebセキュリティ対策が必要だと考え、解決方法としてWAFの導入を検討することになりました。その中でも手軽に導入できる上、高レベルのセキュリティを備えたクラウド型のWAFサービスを導入することで、弊社の目的を達成できると思いました。 様々なITソリューションや製品を取り扱っている弊社の立場としては、最適な選択肢をお客様に提供するべき義務があると思います。そこで、お客様に自信をもって提案できるような製品を選択するために、様々な企業のWAFサービスを価格、機能、サポートなど様々な角度から比較検討した結果、クラウドブリック(Cloudbric)を選択することになりました。 WAF選定時、最も重視されたポイントを教えてください。 セキュリティに関して最も重要視していたのは「技術力の高さ」でした。クラウドブリックを選んだ一番の理由は、グローバルから認められている独自の技術力があったからです。Webセキュリティに対する意識が高まっていることもあり、現在様々なWAFが出回っています。もちろん国産の製品も多かったのですが、サイバー攻撃というのは時間や場所を問わず全世界どこからでも来るため、世界で通用する製品を導入したいと思いました。クラウドブリックのロジックベースの検知エンジンは様々な受賞歴を持ち、55ヵ国にサービスされ高い評価を受けていることから、高い技術が証明されたと判断しました。コストパフォーマンスが良いという評価もあり、リアルタイムなサポート対応が可能だという点も選定を後押ししました。 クラウドブリックを利用した感想をお聞かせください。 […]

Read more

WAFを選ぶ際、チェックすべき4つのポイントとは

近年、企業のWebアプリケーションの脆弱性を狙ったサイバー攻撃が多発し、その有用なセキュリティ対策としてWAF(ワフ)を導入する企業が増えています。現在色々な製品が市場にでていますが、どういった基準で選定すべきなのか、今回はWAFを選ぶ際に見るべき4つのポイントを中心にお届けします。   ウェブ脅威を可視化し遮断するWAF(ワフ) WAFはWeb Application Firewallの略で、Webアプリケーションの脆弱性を悪用した攻撃からWebサイトを保護するセキュリティ対策です。Webサーバーの前段に設置して通信を解析・検査してWebサイトを保護し、不正ログインを防ぐ役割で用いられます。Webサイトやインターネット上のサービスは今や重要な社会インフラとなっています。オンラインショッピング、ネットバンキングを始め、ゲーム、SNSなどエンターテインメントでの利用、企業間での受発注などビジネスでの活用等、Webサイトの活用はどんどん広がっています。そうした社会インフラとしての拡大に伴い、Webサイトはサイバー攻撃の格好のターゲットにもなっています。 引用:JPCERT/CC  一般社団法人JPCERT […]

Read more

クラウドブリックの花形、ダッシュボード機能をご紹介します!

クラウドブリック(Cloudbric)は2015年からクラウド型WAFサービスを始めており、約4年ぶりとなる2019年には日本の某IT製品まとめサイトでWAF部門の1位を獲得するなど、日本のお客様から盛大な支持をいただいています。クラウドブリックはお客様の便利のための機能を多数提供させていただいておりますが、その中でも特に好評をいただいているのが、「ダッシュボード」機能であります。そこで今回は、そのダッシュボード機能の詳細を紹介させていただきます。 クラウドブリックは、サービスを利用されていない方でもダッシュボード機能を体験なされるよう、デモページを提供しております。まずは、こちらのリンクから2番目の「cloudbric-demo.site」をクリックしてください。すると、次のようなページが現れます。 これが、クラウドブリック ダッシュボードのメインページになります。もし、「日本語版ではなく英語版が出力される」という方は、お手数ですが、サイト最下段の右側にある言語設定にて、設定を日本語に変えていただければ幸いです。 それでは、詳細を紹介させていただきます。   サイトの状況を一目で瞬時に把握できるレイアウト ダッシュボードでは、ユーザが設定した期間内のWebサイトのステータスや、攻撃数とその目的・手段など様々な情報を一目で把握することができます。今回は、期間を2020年6月に設定し、詳細を調べていきましょう。 […]

Read more

Bブロックチェーンメディア

業種 ソフトウェア開発・供給 規模 ベンチャー企業 導入時期 2020年 ※本事例は、お客様のご希望により匿名で掲載しております。 弊社の提供しているブロックチェーン技術自体がいかに安全だとしても、ブロックチェーン基盤のサービス運用がITシステム上で行われる以上、Webやアプリケーションへのセキュリティ対策をしっかりとる必要があります。(Bブロックチェーン […]

Read more

A百貨店

業種 各種商品小売業 規模 大企業 導入時期 2019年 ※本事例は、お客様のご希望により匿名で掲載しております。 ビジネスにおいて、一回失った信頼を取り戻すことは非常に難しいと思います。セキュリティ事故が発生した場合、莫大な被害が発生するだけではなく、お客様の信頼を失うことになるため、事前にしっかりとしたセキュリティ対策を整えることが非常に重要だと思います。特に、多数のお客様の個人情報を取り扱っている弊社としては、さらに強力なセキュリティ対策を取る必要があると判断しました。(A百貨店 […]

Read more

最新のWebアプリケーション脆弱性Top 10をまとめた「OWASP Top 10」とそのセキュリティ対策を紹介

『OWASP Top 10』をご存知でしょうか? これはOWASP(Open Web Application Security Project:オワスプ)が選定した最も重大なWebアプリケーション・セキュリティ・リスクのリストで、2~3年に一度発表されています。その時期に特に流行していて大きな被害が続出しており、Webセキュリティの警戒をしなければいけない項目がリスティングされています。今回は最新の『OWASP […]

Read more

【コラム】情報セキュリティの環境変化とWAFの位置づけの変化

情報セキュリティの環境変化とWAFの位置づけの変化 22ヵ国50社の企業経営者を対象に行ったアンケート調査結果のまとめによると、今日の企業経営における最大のリスクは、「経済の不確実性」が1位で55%を占めており、「サイバー脅威」が50%の2位となっています。 しかし、経営の一線からは、「サイバー脅威」を最大リスクだと訴える声が多数です。 経済の不確実性は常に言及されているリスクであるため、水があるのがあたりまえのように当然のこととされますが、新しく登場したサイバー脅威はなじみの薄いものでありながら、その勢いはますます強くなっています。 また一度事故が起きたらすべてのメディアが先を争って報道しており、事後処理も困難でどうしたらいいのかという困惑の声も多くなっています。 サイバー脅威における最も深刻な問題は、その概念自体があまりにも難しくて何を言っているか解らないということです。 関連書籍を探してみても熟練された技術者向けの技術書か理論とは言えないでたらめな経営書かであるため、学びたくても学べないのが現実です。 そのため、経営と技術の間のギャップはさらに広がり、その隙間を狙う犯罪者や詐欺師によるICTに関する各種事件が相次いでいます。 […]

Read more